2020年05月06日

MacBook Pro13が販売されましたので、Appleのサイトへ行き内容を探ってきました。

いつもながらに突然発売されました。

わたしはLinuxを使っていますのでそんなに気にならないと思っていたのですが、ハードの仕様などは気になります。

ということで下記動画にまとめてみました。
興味のある方は御覧ください。






TomoChannelではバラエティ的な楽しい動画をアップしています。
是非チャンネル登録をお願いいたします。


posted by ランプ at 12:18| Comment(0) | Apple製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

スマホケースを手作りしてみると思った以上に楽しかった。

こんにちは、DIY好きなランプです。

使っているスマホのケースが破損気味で少々くたびれてきました。

しかし去年のモデルなのでわざわざ新しくスマホケースを購入するのもなんですから、どうせなら作ってしまおうということで良いものを購入しました。

BOSCHのグルーペンです。




普通のグルーガンは100Vの電源が必要ですが、このBOSCHのグルーペンはパッテリーで駆動します。

しかも温まるのが10秒ちょっとという機動力の良さ。

ケーブルがない取り回しの良さ。

連続30分しか利用できない弱点。

とまあ弱点もありますが、USBで充電できるのでモバイルバッテリーさえ持っていればいつでもどこでも充電できます。



グルーペンを利用したスマホケース作りです。




手軽に作れるし間違いなくフィットするしいい感じです。

ベースを作ったらデコレーションすれば楽しいかもしれませんね。

でもわたしはシンプルなものが良いのでこれでOKです。

もしかしたらもう少し盛るかもしれませんけどね。



おしまい。
タグ:グルーガン
posted by ランプ at 10:00| Comment(0) | DIYガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

スマホで水中撮影が出来るように考えてみたら簡単に出来ることがわかった。

こんにちは、カメラ大好きランプです。

みなさん、防水スマホをお持ちでしょうか。

そして防水スマホだからといってそのまま水に沈めて使ったことはありますでしょうか。

わたしはそんなこと出来ません。

大切なデータが万が一水没によって救出不可能状態になったらと考えると、そんなこと出来ませんから。

でも、対策を講じておけば良いんじゃないかと思ったわけですよ。

それが下の動画です。





動画をジップロック等の袋に入れておけば水没しないんじゃないかという検証動画です。

結果はじゅうぶん防水してくれます。

理由は袋が水圧により破けるか、閉じた口が開かない限りは水が入らないからです。

正確に回答をしようとすれば物理学的お話になってしまうので割愛しますが、スマホを入れて空気をしっかり出して封をすれば水圧がスマホ本体にかかります。

仮に空気が袋に入っていると、水圧が空気を押し出そうとしてビニールが破ける恐れがあります。

空気が袋に入っていなければ、水圧は全てスマホ本体にかかるので、スマホ本体が水圧で壊れない限り、もしくはスマホの凸凹によりビニールが破けない限りは水は侵入しないことになります。

ということで、ビニールの厚みにもよりますが、1メートル程度の浸水であればまったく問題なく防水性を保っていられると思われます。

なお、実際にやる場合には自己責任になりますよ。


良い検証が出来ました。


おしまい。
posted by ランプ at 09:00| Comment(0) | Androidスマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。